うなじ脱毛 脱色

脱色でうなじ脱毛ができる!?

 

うなじのムダ毛を脱色して目立たなくさせるという方法があります。
日本人のムダ毛は黒色なので目立ってしまうのですよね。

 

脱色時間は5〜10分程度なので、とても簡単です。

 

しかし、脱色でのうなじ脱毛にはデメリットもおおくあります。

 

一つ目は、脱色効果が低いということです。
日本人の真っ黒な毛を、肌の同じ色になるほど脱色するには、
時間と回数が必要になることがあります。

 

しかし、脱色剤は肌に大きな負担を与えてしまうので、
うなじ脱毛のように、ムダ毛だけでなく肌にもたくさんついてしまうような場所では、
肌トラブルを起こしてしまう可能性も少なくありません。

 

二つ目は、髪の色と合わない
髪もカラーしているひとですと、中途半端にうなじのムダ毛の脱色をしてしまったことで、
髪の色とうなじの色が合わなくなってしまうことがあります。
カラーをしたのか?脱色をしたのか?中途半端になっていは、
脱色をした意味がまるでありません。

 

三つ目は、効果が長続きしない
脱色をしても、毛が伸びてきてしまえばすぐに黒い部分が目立ってしまいます。
うなじのムダ毛がプリン状態なんてちょっと恥ずかしいですよね。
脱毛クリームや剃刀と同じように、効果が短いのも大きなデメリットです。

 

脱色でのうなじ脱毛は、肌への負担が大きいだけでなく、
続ける場合はお財布にも大ダメージを与えてしまいます

 

脱色を使ってのうなじ脱毛は、あまりお勧めできません。

 

脱色剤を使いたいという方は、正しい使用法ではありませんが、
眉毛に使うのがおすすめです!
目に入らな要注意して脱毛すれば、眉マスカラいらずですよ!

 

>>>うなじ脱毛がおすすめの人気サロンはこちら!<<<

 

脱色でうなじ脱毛をしよう!関連ページ

うなじ脱毛|脱毛クリームで除毛しよう!
脱毛クリームでの除毛は、デリケートなうなじの肌にはダメージが大きい上に、見えない場所の除毛はとっても危険。大切な髪と肌を守るために、うなじ脱毛にかえてみてはいかがですか?
自宅で行ううなじ脱毛、自己処理方法!
自宅でうなじのムダ毛の自己処理をする際は、見えない場所なので最新の注意が必要です。剃刀や電気シェーバー、脱毛クリームなど、自分がやりやすく、肌に合った方法で、うなじ脱毛をしましょう!
うなじ脱毛の注意点、日焼けと自己処理!
うなじ脱毛後の注意点は、日焼け対策と自己処理の方法です!うなじ脱毛に日焼けはご法度!いつもより入念な日焼け対策をしてください!脱毛中の処理は毛抜き禁止です!終了するまでは剃刀を使った処理をしましょう!
自己処理の欠点
脱毛や除毛を自己処理で行っている人も少なくありませんが、自己処理にはいろいろな欠点やデメリットがあります。脱毛サロンへ通うことに比べて欠点はどのようなことでしょうか。
うなじが濃いことでお悩みの方に
うなじの毛って、簡単には自分で確認できませんし処理するのも大変ですよね。かみそりでの処理ではお肌を傷つけて肌荒れや色素沈着になることも。 見えない部分ではあるけど、他人からは目につきやすい部分はやはりプロにお任せするのが良いでしょう。