うなじ脱毛 日焼け 注意点

うなじ脱毛後は、日焼け対策と自己処理方法!

 

うなじ脱毛は痛みの少ない、肌に優しい脱毛法ではありますが、
それでも、肌へのダメージはゼロではありません。

 

施術後、脱毛した場所がうっすらと赤くなります。
これは、光の熱によって、軽いやけどをしているのと同じ状態になっているのです。

 

赤みはその日のうちに引きますが、
肌がダメージを受けているというのは一目瞭然ですよね。
そんなダメージを受けた肌ですから、施術後はより気を使ってほしいのです。

 

施術後、一番の注意点は、日焼け対策です。

 

ダメージを受けた肌は、紫外線にとっても弱くなっています。
この状態で日焼けをしてしまうと、肌が異常に腫れたり、ただれたりなど、
以上に反応してしまうことがあります。

 

また、見た目には変らなくても、ダメージが増えている場合もあります。

 

ダメージが増えれば、肌が元に戻るまでにも時間がかかってしまいます。
次の施術までに肌をきちんと元に戻してあげるためにも、
紫外線に当たるのは極力避けましょう、

 

対策としては、髪の長い方は髪を下ろす、
首にストールやスカーフを巻く、帽子をかぶる、
もちろん、日焼け止めを塗るのは忘れずに。

 

日焼け止めの効果は、防御力の高いものを使うことも大切ですが、
それよりもこまめに塗ることが大切です。
汗のかきやすい季節は特に重要ですので、こまめに塗るようにしましょう。

 

 

もうひとつの注意点は、脱毛中の自己処理の方法です。

 

脱毛が始まった後も、しばらくはムダ毛が今まで通り生えてきます。
ムダ毛処理をしたくなるとは思いますが、この時絶対に毛抜きは使わないでください。
毛根がなくなってしまうと脱毛効果を与えられません。

 

脱毛中の自己処理は必ず剃刀で行いましょう。

 

 

どちらの注意点も、高い脱毛効果を得るためですので、
必ず守ってくださいね!

 

>>>うなじ脱毛がおすすめの人気サロンはこちら!<<<

 

うなじ脱毛の注意点、日焼けと自己処理!関連ページ

うなじ脱毛|脱毛クリームで除毛しよう!
脱毛クリームでの除毛は、デリケートなうなじの肌にはダメージが大きい上に、見えない場所の除毛はとっても危険。大切な髪と肌を守るために、うなじ脱毛にかえてみてはいかがですか?
自宅で行ううなじ脱毛、自己処理方法!
自宅でうなじのムダ毛の自己処理をする際は、見えない場所なので最新の注意が必要です。剃刀や電気シェーバー、脱毛クリームなど、自分がやりやすく、肌に合った方法で、うなじ脱毛をしましょう!
脱色でうなじ脱毛をしよう!
脱色でのうなじ脱毛は、効果の持続度や肌への負担を考えるとお勧めできません。脱色でうなじ脱毛を考えている方は、経済的で仕上がりもいい、エステ脱毛も検討してみてはいかがですか?
自己処理の欠点
脱毛や除毛を自己処理で行っている人も少なくありませんが、自己処理にはいろいろな欠点やデメリットがあります。脱毛サロンへ通うことに比べて欠点はどのようなことでしょうか。
うなじが濃いことでお悩みの方に
うなじの毛って、簡単には自分で確認できませんし処理するのも大変ですよね。かみそりでの処理ではお肌を傷つけて肌荒れや色素沈着になることも。 見えない部分ではあるけど、他人からは目につきやすい部分はやはりプロにお任せするのが良いでしょう。