自己処理 欠点

自己処理の欠点とデメリット

自己処理欠点

ご自宅で手軽に除毛ができるかみそりや毛抜き。

コンビニや100円ショップなどでも購入できますし、処理方法も入浴中にささっと使えて大変便利ですよね。とても手軽には使えますが、メリットがある分、デメリットもあります

 

かみそりでの処理では、お肌表面に見えている毛を剃っているだけなのですぐにちくちくとした毛が生えてきてしまいますので毎日のように処理を行わなければいけません。1度の処理にあまり時間がかからなくてもトータルで考えると除毛にかける時間はもったいないような気がしますよね。
それに、かみそりも何度も使えば切れ味が落ちてきてしまうので新しいものと交換しなくてはいけないのでコストもかかります。かみそりでの処理を続けていると、お肌への負担も大きく、ざらざらお肌になってきてしまうことも。埋没毛といったお肌トラブルの原因ともなります。
毛抜きでは1度の処理をすると次の毛が生えてくるまでに時間はかかりますが、毛を抜く時間もかかり、抜くたびに痛みがあります。
それを考えると、かみそりや毛抜きを使用しての自己処理を続けていくよりもコストや手間はかかってしまいますが脱毛施術を受けた方が良いのではないでしょうか。

自己処理の欠点関連ページ

うなじ脱毛|脱毛クリームで除毛しよう!
脱毛クリームでの除毛は、デリケートなうなじの肌にはダメージが大きい上に、見えない場所の除毛はとっても危険。大切な髪と肌を守るために、うなじ脱毛にかえてみてはいかがですか?
自宅で行ううなじ脱毛、自己処理方法!
自宅でうなじのムダ毛の自己処理をする際は、見えない場所なので最新の注意が必要です。剃刀や電気シェーバー、脱毛クリームなど、自分がやりやすく、肌に合った方法で、うなじ脱毛をしましょう!
うなじ脱毛の注意点、日焼けと自己処理!
うなじ脱毛後の注意点は、日焼け対策と自己処理の方法です!うなじ脱毛に日焼けはご法度!いつもより入念な日焼け対策をしてください!脱毛中の処理は毛抜き禁止です!終了するまでは剃刀を使った処理をしましょう!
脱色でうなじ脱毛をしよう!
脱色でのうなじ脱毛は、効果の持続度や肌への負担を考えるとお勧めできません。脱色でうなじ脱毛を考えている方は、経済的で仕上がりもいい、エステ脱毛も検討してみてはいかがですか?
うなじが濃いことでお悩みの方に
うなじの毛って、簡単には自分で確認できませんし処理するのも大変ですよね。かみそりでの処理ではお肌を傷つけて肌荒れや色素沈着になることも。 見えない部分ではあるけど、他人からは目につきやすい部分はやはりプロにお任せするのが良いでしょう。